2022/12/9越谷 がやてっく 雑談 ローカルメディア ローカルサイト越谷CITYメール

参加しましたか?越谷リバーウォークイベント2022の今!【ガヤナンデス】


参加しましたか?越谷リバーウォークイベント2022の今!【ガヤナンデス】

本日も始まりました、ガヤナンデス。

毎回、越谷市内のささやかなニュースをお伝えいたします。

今回は、、、がやてっく内でも発信したことがあるイベント「越谷リバーウォークイベント2022」。

越谷市内でチラシを見かけます。

しかし、、、「参加している人いるの?」という純粋な疑念が拭えません。。。

ですが、「参加しないで何を言ってんだいw」とリトルがやてっくが呟く声が聞こえました。

そうです、今回は我々が参加して身をもって状況をお伝えしようじゃないか、と思い立ちました。

はい、とりあえず、出発します。

まず、企画の趣旨は上記のチラシを参照いただくとして、コースを選定する必要があるみたいです。

う~ん、ここは、、、「Aコース」に決めました。

総距離が約8.4キロメートルです。

せんげん台駅から出発のようですね。

せんげん台駅に向かいながら、、、アプリをダウンロードしてみましょう。

ダウンロードが終わったら、TOP画面の「もっと見る」から、「スタンプラリー」を選択して、、、

ありました

「越谷リバーウォークAコース」を発見しました。

コースを制覇すると、制覇報酬として30ポイント貰えるみたいです。

そして、スタンプ台では、拠点名と制覇済みのカウント機能ができるようです。

地図上に行き先がピンで立っているので、ピンを目指して進めばいいのですね。

なるほどです。

というか、「8キロって歩くと2時間はかかるのでは?」という疑念が生まれました。

そうこうしているうちに、せんげん台駅に到着です。

背に腹は代えられないということでしょう。

ここまで来たら、出発するしかありません。

まずは、「A1・間久里川緑道の起点」を目指して歩きましょう。

ようやく、地図上でピンが立っている場所に到着しました。

アプリの写真を確認するとどうやらここら辺のようです。

↑A1・間久里川緑道の起点

アプリ上で位置情報を取得できる状態になったのでチェックインをしてみました。

そうすると、、、

なんと、、、

「A1」の丸の色が変わりました。

なんということでしょう、、、それなりに高性能です。

これは、、、利用者が少ないとアプリに対して過剰投資になりかねない案件です。

こうなったら、私が皆様に楽しさをお伝えしましょう。

よし、次ぎは、「A2・恩間勢至堂と石仏」です。

にしても、、、一区間が結構遠いですね。

2拠点目へ向かう時点で10分は経過しています。

次の2拠点目は、、、

↑A2・恩間勢至堂と石仏

ここみたいです。

アプリ内をクリックすると、、、

チェックインが完了いたしました。

次は3拠点目へ向かってみます。

すでに出発から25分経過しました。

これは、渋い戦いが待っていそうです。

3拠点目は「A3・須賀用水の緑道の起点」です。

ここが出発の起点でしょうか。

はい、チャックイン出来ました。

↑A3・須賀用水の緑道の起点

なんということでしょう、、、ガヤナンデスは2時間枠で設けていましたが、このままだと2時間以上かかってしまいそうです。

こうなったら、レポーター根性で、少しペースを上げて進めていきます。

↑A4・三野宮香取神社と力石
↑A5・三野宮橋(ここの右側付近だったみたいです。)

ちょっと休憩です。。。

所要時間、、、

只今70分ほどです。

えっとですね、、、だいぶくたびれています。

しかし、ちょうど真ん中まできたので、戻るも進むも同じです。

進んでいきましょう。

↑A6・砂原土手バス停と石仏
↑A7・砂原久伊豆神社
↑A8・梅林公園の西の入口
↑A9・押立堤と石仏

やっとここまできました。

次が最後の「A10・出津橋と河畔砂丘」を目指して進んでいきます。

ちなみに、、、かなり急いで進みましたが、、、

130分が経過しました。

やっと最後の地点です。

ここの左手が目的地です。

↑A10・出津橋と河畔砂丘

最後の目的地に到着し、チェックインをしました。

見てください、、、

コンプリートです。

コースを制覇すると「コース制覇報酬」を受け取れるようですので、せっかくなので受け取っておきましょう。

とうとうやりました。

越谷リバーウォークAコースを制覇しました

もう脚が動きません。

歩いた時間:130分

そして、、、ここから北越谷駅まで歩いていかなければなりません。

なんということでしょう。。。

そして、、、検証すべき「参加している人いるの?」に関しては、、、

分かりませんでした。

途中から、自分が生きることで精一杯でした。

もう、どうしようもありません。

しかし、リトルがやてっくは満足したみたいです。

1つ考えたことは、、、

私もあーさんぽ企画に同行しようかな?

ということです。

えっと、、、

散歩って気持ちいい。

それでは皆様、良い越谷ライフを!


▽さて、越谷市民の反応は?▽
>>>この文字をクリック<<<