2024/5/30越谷 がやてっく 雑談 ローカルメディア ローカルサイト越谷CITYメール
司法司書法人和光事務所

越谷市の伝統と革新を結ぶ「こしがや鴨ネギ鍋」、文化庁の「100年フード」に認定【越谷ニュース】


越谷市の伝統と革新を結ぶ「こしがや鴨ネギ鍋」、文化庁の「100年フード」に認定【越谷ニュース】

越谷市が誇る地域料理「こしがや鴨ネギ鍋」が、文化庁により「100年フード」として新たに認定されました。この栄誉は、越谷市にとって初めてのものであり、市の食文化の継承と振興に対する取り組みが評価されたことを示しています。文化庁はこれまでに250件以上の食文化を「100年フード」として認定し、地域の伝統を未来に繋げる役割を果たしてきました。このプログラムは、伝統部門、近代部門、そして未来部門の三つに分かれており、「こしがや鴨ネギ鍋」は未来部門での認定を受けました。この料理は、地元で収穫される「越谷ネギ」と、市内の宮内庁鴨場で育てられる鴨を使用し、2005年に越谷市商工会青年部によって考案されたものです。埼玉県内では、草加せんべいなど6件が伝統部門で、フライ・ゼリーフライが近代部門で認定されており、地域の食文化が多様な形で称えられています。今回の「こしがや鴨ネギ鍋」の認定は、越谷市の食文化が次の100年も受け継がれることへの期待と、その可能性を祝福するものです。

“越谷市の伝統と革新を結ぶ「こしがや鴨ネギ鍋」、文化庁の「100年フード」に認定【越谷ニュース】” への1件のコメント

  1. 匿名

    おめでとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA