2024/5/28越谷 がやてっく 雑談 ローカルメディア ローカルサイト越谷CITYメール
司法司書法人和光事務所

栃木県で発見された焼損遺体事件、犯人は越谷市在住の男性:捜査が進行中【越谷ニュース】


栃木県で発見された焼損遺体事件、犯人は越谷市在住の男性:捜査が進行中【越谷ニュース】

栃木県那須町の河川敷でこの月の16日に発見された男女2人の焼損遺体に関連して、栃木県警と警視庁は、埼玉県越谷市在住の建設業者、平山綾拳容疑者(25歳)を死体損壊の疑いで逮捕した。平山容疑者は、4月16日未明から朝にかけて、会社役員宝島龍太郎氏(55歳)と未だ身元不明の女性の遺体を焼損した疑いが持たれている。警察は他にも関与者がいると見ており、捜査を進めている。

事件についての詳細はまだ明らかになっていないが、宝島氏は東京・上野で複数の飲食店を経営しており、従業員からは親しみを込めて「パパ」と呼ばれていたことが知られている。事件の発覚は、近くを通りかかった一般市民が山中で煙を発見し、警察に通報したことから始まった。現場で発見された遺体の一つは宝島氏と確認され、もう一人の女性については身元の確認が進められている。

この事件は、地域社会に衝撃を与えており、捜査当局は事件の全容解明に向けて捜査を急いでいる。公安関係者は、事件には複数の人物が関与している可能性が高いと見ており、平山容疑者の供述や防犯カメラの映像などから、事件の詳細を解明する手がかりを探っている。地域住民は、事件の早期解決と真相究明を望んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA