2024/5/25越谷 がやてっく 雑談 ローカルメディア ローカルサイト越谷CITYメール
司法司書法人和光事務所

越谷レイクタウンの進化:鉄道利用の新たな波【越谷ニュース】


越谷レイクタウンの進化:鉄道利用の新たな波【越谷ニュース】

越谷レイクタウンは、その名の由来となった水の調整池を中心に発展したニュータウンであり、2008年に開業したイオンレイクタウンとJR東日本武蔵野線の新駅が、地域の成長を牽引してきました。このエリアは、単なるショッピングモールの立地というよりも、周辺住民の生活の質を高めるための施設として位置づけられています。イオンレイクタウンの利用者の中で、武蔵野線を利用する人の割合は平日15%、休日17%と、自動車中心の交通から公共交通へのシフトが見られます。

この変化は、イオンレイクタウンの駐車場料金体系が影響している可能性があります。最初の5時間は無料で、その後は30分ごとに100円がかかるため、映画鑑賞などの長時間滞在者以外は、ほとんどの場合無料で済む設定です。特に休日の利用率が高いのは、レジャーを目的とした遠方からの訪問者や、周辺の交通渋滞を避けたいと考える人々が増えているためと考えられます。

イオンレイクタウンは現在、大規模なリニューアルを進めており、大相模調節池の水辺の魅力向上を目指して地域と連携しています。また、駅北口からイオンモールmori棟までの距離が約1kmもあるため、無料シャトルバスの運行など、訪問者の利便性向上にも努めています。さらに、アウトレット棟の増床とkaze棟を結ぶ新しい「アウトレットブリッジ」の設置により、歩行者の安全と交通渋滞の緩和にも寄与しています。

越谷レイクタウンは、ショッピングモールの新しいモデルを提案し、公共交通の利用促進と地域の持続可能な発展に貢献していることが明らかです。今後もこのエリアの進化に注目が集まります。

“越谷レイクタウンの進化:鉄道利用の新たな波【越谷ニュース】” への2件のフィードバック

  1. 匿名

    引用元:東洋経済ONLINE(5月8日)配信より

  2. 匿名

    dメニューニュースにも昨日上がってるよね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA