2024/4/15越谷 がやてっく 雑談 ローカルメディア ローカルサイト越谷CITYメール
司法司書法人和光事務所

越谷市、再生資源物のヤード規制条例案を提出へ。先行するさいたま市を参考に【越谷ニュース】


越谷市、再生資源物のヤード規制条例案を提出へ。先行するさいたま市を参考に【越谷ニュース】

埼玉県越谷市は、再生資源物を屋外保管する施設「ヤード」の規制に関する条例案を21日に発表しました。この条例案は、騒音や悪臭、火災の発生を防ぐことを目的としており、26日開会の市議会3月定例会に提出される予定です。

再生資源物は、金属やプラスチックなどの材料を原材料とするもので、廃棄物処理法の廃棄物には該当しない有価物です。これまで規制の対象外でしたが、市民からの苦情が増加していたことから、市はこのたび規制を行う方針です。

市廃棄物指導課によると、ヤード関連の事業所は市西部の出羽地区などに26カ所確認されています。直近3年間には、騒音と振動が12件報告されるなど、市民からの苦情が相次いでいました。

市は、さいたま市が今年2月に施行した例を参考に、条例案を作成しました。条例案では、事業所が住宅から100メートル離れて立地することや、緑地帯の設置などが求められます。また、無許可営業や虚偽報告に対しては罰金が設けられる予定です。

この条例案は、可決されれば7月から施行される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA