2024/5/30越谷 がやてっく 雑談 ローカルメディア ローカルサイト越谷CITYメール
司法司書法人和光事務所

越谷市、全国市町村の給与水準でトップに【越谷ニュース】


越谷市、全国市町村の給与水準でトップに【越谷ニュース】

埼玉県越谷市が、地方公務員の給与水準を示すラスパイレス指数で全国市町村中1位に輝いた。この指数は国家公務員の給料を基準に100とし、地方公務員の給料水準を比較するもので、越谷市は103.3という高い数値を記録。越谷市のこの成果は、学歴ではなく能力に基づいた昇給システムの結果とされている。埼玉県の大野元裕知事は、住民の理解と納得を得られる給与水準の重要性を強調し、越谷市に対してさらなる改善を促している。

県内62市町村の平均指数は99.6であり、越谷市は4年連続で県内1位を維持している。越谷市の担当者は、高卒の部長も含む多様な職員が能力に応じて昇給しており、初任給を国と同等に設定すると職員が集まらないため、他の自治体と同様に高めに設定していると説明している。また、市民から預かった税金を適切に運用し、指数を100に近づけることを理解しつつ、まずは職務を遂行することを最優先に考えていると述べている。

一方、川口市は給料表の改定を行い、40代以上の給料を下げ、若年層の給料を上げることで指数を下げる効果を見せた。埼玉県自体も給料水準の適正化に努めており、前年比で0.3ポイントの減少を見せている。県人事課の担当者は、指数の変動は団塊の世代の職員の退職による職員構成の変化が一因であると分析している。越谷市の取り組みは、地方自治体における給与体系の適正化と人材確保のバランスを模索する一例として注目されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA