2024/4/16越谷 がやてっく 雑談 ローカルメディア ローカルサイト越谷CITYメール
司法司書法人和光事務所

さいたまマラソン、4年ぶりのフルマラソンに1万6千人が挑戦【越谷ニュース】


さいたまマラソン、4年ぶりのフルマラソンに1万6千人が挑戦【越谷ニュース】

12日、さいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナを中心に「さいたまマラソン」が開催された。埼玉県さいたま市などが主催するこの大会は、4年ぶりにフルマラソンを実施した。フルマラソンや8キロの部、親子ランなど6種目に市民ランナー約1万6千人がエントリーし、さいたまの街並みや自然を楽しみながら走った。沿道からは多くの応援団が声援を送り、ランナーたちを励ました。

フルマラソンには自己ベスト更新や仮装ランなど様々な目標を持った約1万3千人が参加した。アリーナからスタートし、新見沼大橋有料道路や見沼たんぼなどを通り、越谷市で折り返してアリーナに戻る約42キロのコースだった。戸田市の会社員菅谷幸夫さん(46)は3時間を切るという快挙を成し遂げ、「思ったより速く走れた。マラソン仲間と互いに声かけをしてモチベーションが上がった」と喜んだ。北区の会社員山崎大輔さん(38)は目標としていた4時間切りを達成し、「地元なので知っている道が多く、親近感が湧いた。沿道の声援のおかげで難所も乗り越えられた」と笑顔で話した。

親子ランには1・2キロの距離に挑戦した親子が多数参加した。北区の会社員鈴木季代美さん(38)と小学2年の皐平さん(8)親子は公園で練習した成果を発揮して完走した。「楽しかった。また走ってみたい」と皐平さんは満足そうだった。季代美さんは「一緒に運動することがなかったのでいい機会になった」と話していた。

清水勇人さいたま市長もフルマラソンに挑戦したが、約35キロ時点で時間制限によりリタイアした。「チャレンジを応援する大会にしていきたい」と意気込みを語った。2015年から協賛している埼玉りそな銀行の福岡聡社長(58)は「地元の企業として参加できてうれしい限り。健康増進や多様性を認め合うイベントにしていきたい」とコメントした。

大会公式アンバサダーで元マラソン選手の野口みずきさんも8キロ走り、ランナーと交流した。トークイベントでは「天気が良くて走りやすかった。マラソンはきついけど達成感と喜びがどのスポーツよりも大きい」とマラソンの魅力を伝えた。

“さいたまマラソン、4年ぶりのフルマラソンに1万6千人が挑戦【越谷ニュース】” への1件のコメント

  1. 匿名

    さいたまマラソンって、4年もやってなかったんだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA