2024/4/15越谷 がやてっく 雑談 ローカルメディア ローカルサイト越谷CITYメール
司法司書法人和光事務所

イオンレイクタウン、大規模リニューアルを完了。アウトレットに2階建て新棟を新設【越谷ニュース】


イオンレイクタウン、大規模リニューアルを完了。アウトレットに2階建て新棟を新設【越谷ニュース】

イオンモールとイオンリテールは、埼玉県越谷市に位置するイオンレイクタウンにおいて、’23年3月から’25年にかけて大規模なリニューアルを実施しています。その一環として、’24年3月29日にはレイクタウンOUTLETが増床リニューアルのグランドオープンを迎えます。この増床は、既存棟に2階建ての新棟を新設するものであり、インターナショナルブランドやライフスタイル提案型ブランドを含む新規34店舗を加え、合計64店舗がリニューアルされます。

増床棟には、ファッションブランドの「BOSS」、「BROOKS BROTHERS」、「FURLA」、「Kate Spade New York」、「LANVIN COLLECTION」が新たに出店するほか、スウェーデンのブランド「DANIEL WELLINGTON」が、日本初出店となるフルカテゴリーストアとして時計やアクセサリーに加えてウェアやスーツケースを取り扱います。

リニューアルプロジェクトの第1弾は昨春に実施され、kazeとmoriにおいて40店舗以上が刷新されました。第2弾リニューアルでは、増床棟のほかにも既存棟の拡大リニューアルが行われ、ナイキ、プーマ、コーチなどの人気ブランドも店舗を拡大します。

増床棟の外装コンセプトは「みずうみのほとり ゆらぐしろ」であり、水辺に美しく調和する建物を目指しています。内装コンセプトは「Garden Park」であり、明るくくつろげる空間を提供するために人工芝や木調ベンチを多用しています。

イオンレイクタウン全体の敷地面積は約340,000m2、延床面積は約403,000m2、専門店数は約710店舗、駐車台数は約9,400台です。今回のリニューアルにより、アウトレットの延床面積は約38,000m2、約140店舗、kazeが約146,000m2、約230店舗、moriが約219,000m2、約340店舗となり、より充実した施設となりました。

▼【スポンサー枠】有限会社リメークペイント

“イオンレイクタウン、大規模リニューアルを完了。アウトレットに2階建て新棟を新設【越谷ニュース】” への1件のコメント

  1. 匿名

    越谷市、キャッシュレスキャンペーンをやってほしい。
    PayPay、auペイ、d払いや楽天ペイ等の他の自治体では開催したりしてるやつ。
    越谷は なかなか やらないですよね。
    物価高に国民が苦しんでるのだから、そういう企画をやってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA