2024/3/5越谷 がやてっく 雑談 ローカルメディア ローカルサイト越谷CITYメール
司法司書法人和光事務所

越谷西高で盆栽の魅力を学ぶ【越谷ニュース】


越谷西高で盆栽の魅力を学ぶ【越谷ニュース】

埼玉県の特産品である盆栽について、県立越谷西高校の美術Ⅲ「美術総合」の生徒たちが連携授業を通して学んだ。盆栽園やさいたま市大宮盆栽美術館と協力して、盆栽の歴史や文化、技法などを体験的に学ぶことができた。
連携授業は4年連続で行われており、今年は大宮盆栽村にある「藤樹園」の日本盆栽協会盆栽インストラクター、風見政夫さんが講師を務めた。生徒たちは事前に制作した盆栽用の鉢「盆器」に野ボケの一種「長寿梅(ちょうじゅばい)」を植え、土を削ったり枝を剪定(せんてい)したり針金を掛けたりするなど、盆栽作りの一連の工程を行った。最後に水やりをして完成させた作品は、自作の金屏びょう風ぶを背景にして同美術館で展示された。
生徒たちは盆栽作りに苦労しながらも楽しみながら取り組み、盆栽の美しさや空間の表現などについて感想を述べた。石塚貴久校長は「伝統文化に触れることで、生徒たちの感性や創造力が育まれると期待しています。地域と連携してこのような授業ができることは貴重です」と話した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA