2024/4/15越谷 がやてっく 雑談 ローカルメディア ローカルサイト越谷CITYメール
司法司書法人和光事務所

越谷市の新市役所がグランドオープン【越谷ニュース】


越谷市の新市役所がグランドオープン【越谷ニュース】

2019年から5年間にわたり進められてきた越谷市役所の新庁舎整備が完了し、新たな顔として市民にお披露目されました。人口約34万人を擁するこの街にとって、新本庁舎、多目的広場、カフェを併設したエントランス棟の完成は、新たなランドマークの誕生を意味しています。

新庁舎整備事業は、新本庁舎の建設、旧本庁舎の解体、そしてエントランスゾーンの整備という3つのフェーズで進行しました。21年5月から稼働を開始した新本庁舎は、地上8階建てで、旧本庁舎の解体後にはエントランス棟が建設されました。これにより、一連の工事が全て完了しました。

福田晃市長は式典で、「令和の始まりと共に着手したこの事業を通じて、職員一丸となり市民サービスの向上を図っていきたい」と述べました。新エントランス棟は地上4階建てで、1階には「水郷テラス」や「みんなのひろば」が設けられ、市民ラウンジやカフェも2階に備えられています。また、コンビニエンスストアも新たに1階に設置されました。

式典後には感謝祭が開催され、市職員が焼きそばや豚汁を振る舞いながら市民と交流しました。さらに、越谷市PRキャラクター「ガーヤちゃん」の巨大ポストも登場し、市役所への親しみを深める一助となりました。この一連の新庁舎整備にかかった総工費は約80億9450万円でした。

“越谷市の新市役所がグランドオープン【越谷ニュース】” への1件のコメント

  1. 匿名

    あの工事80億もかかってるんだ。まあ、考えてみればそうかぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA