2024/7/13越谷 がやてっく 雑談 ローカルメディア ローカルサイト越谷CITYメール
司法司書法人和光事務所

危険物保管に対応した物流施設「LOGIFRONT越谷III」が着工【越谷ニュース】


危険物保管に対応した物流施設「LOGIFRONT越谷III」が着工【越谷ニュース】

日鉄興和不動産は、埼玉県越谷市において、危険物保管に対応した物流施設「LOGIFRONT越谷III」の建設を開始したと10月2日に発表した。同施設は、消防法上の危険物(第4類相当)を保管できる全4棟の平屋建て倉庫で、2024年6月末に竣工する予定である。

同施設は、国道16号線の内側、都心から25km圏内に位置し、東京外環自動車道「草加IC」から6km、国道4号線へのアクセスも良好な立地となっている。また、同施設は「LOGIFRONT」シリーズ初の危険物専用倉庫として開発され、入居予定の東武運輸のニーズに沿った施設計画となっている。

日鉄興和不動産は、物流業界での危険物保管ニーズの高まりを受けて同プロジェクトを計画したという。今後も、物流施設開発をベースとしながら、多様化する顧客ニーズに対応するため、危険物専用倉庫や冷凍冷蔵倉庫などの産業用不動産の開発に積極的に取り組んでいくとしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA