2024/7/13越谷 がやてっく 雑談 ローカルメディア ローカルサイト越谷CITYメール
司法司書法人和光事務所

「浦和の東西軸」が拡充。新大宮バイパスと直結する国道463号「越谷浦和バイパス」延長区間が3月開通【越谷ニュース】


「浦和の東西軸」が拡充。新大宮バイパスと直結する国道463号「越谷浦和バイパス」延長区間が3月開通【越谷ニュース】

さいたま市は、南与野駅付近で工事中の都市計画道路「道場三室線」の一部区間を2024年3月13日に開通させると発表した。この道路は、越谷から続く国道463号「越谷浦和バイパス」の延長線上にあり、北浦和駅南側から南与野駅東口までを結ぶ。今回開通する区間は、JR埼京線をアンダーパスして新大宮バイパスへ直結する約1.2kmで、暫定2車線で供用される。4車線化は4月中に完了する予定だ。

越谷浦和バイパスは、駒場運動公園から北浦和駅南側でも4車線化事業が進められており、道場三室線はさらに西へ延伸される計画である。2022年度には新大宮バイパスから埼玉大学付近へ至る「栄和工区」の用地取得が完了し、将来的には羽根倉橋東詰まで到達して国道463号「浦和所沢バイパス」と接続される予定だ。

これまで浦和・与野の東西軸として機能してきた国道463号は、多くの交差点や信号機があり、交通渋滞が深刻な課題となっていた。JRと交差する他の周辺道路も狭隘であったため、「道場三室線」の完成により、市街地を快適に通過できる新たな動脈となることが期待される。

“「浦和の東西軸」が拡充。新大宮バイパスと直結する国道463号「越谷浦和バイパス」延長区間が3月開通【越谷ニュース】” への4件のフィードバック

  1. 匿名

    北越谷の方も早く開通してほしい。
    ここが開通すれば野田、松伏方面からの渋滞が緩和されるのに。

    1. 匿名

      それな

  2. 匿名

    まじで楽しみだよね

  3. 匿名

    これは渋滞緩和につながるはず

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA