2024/4/19越谷 がやてっく 雑談 ローカルメディア ローカルサイト越谷CITYメール
司法司書法人和光事務所

文教大学の学生が「耳うどんおしるこ」を開発、佐野市で期間限定販売【越谷ニュース】


文教大学の学生が「耳うどんおしるこ」を開発、佐野市で期間限定販売【越谷ニュース】

文教大学国際学部の清水麻帆ゼミナールの学生が、佐野市との共同開発企画第2弾として「耳うどんおしるこ」を開発しました。この商品は、佐野市の郷土料理「耳うどん」にスイーツ感覚を取り入れたもので、2024 年 1 月 1 日(月)~1 月 8 日(月)の期間限定で販売されます。

清水麻帆ゼミナールでは、「文化と地域創生」をテーマに、文化資源の開発や地域活性化を目指して活動しています。令和4年度には「佐野らーめんソフト」を、令和5年度には「耳うどんおしるこ」を佐野市と共同開発しました。提供されている店舗が少ない点や、若い人にもスイーツ感覚で広まってほしいという視点で考案し、佐野市のまちの駅名水「弁天池」の駅 福寿荘売店と共同で作り上げました。

「耳うどんおしるこ」は、お正月の郷土食である「耳うどん」を甘く煮たものに、あんこやきな粉などをトッピングしたものです。佐野市への来訪者が特に多いお正月に期間限定で販売されます。価格は500 円(税込)で、テイクアウトも可能です。まちの駅名水「弁天池」の駅 福寿荘売店は、1 月 4 日(木)以外は営業しています。

この商品は、佐野市の伝統的な食文化を若い世代にも伝えるとともに、地域経済や観光にも貢献すると期待されています。ぜひこの機会にお試しください。

“文教大学の学生が「耳うどんおしるこ」を開発、佐野市で期間限定販売【越谷ニュース】” への6件のフィードバック

  1. 匿名

    耳うどんおしるこwww

  2. 匿名

    味も形も行方不明やないかい

  3. 匿名

    これはさすがに写真がほしいわ

  4. 匿名

    耳の形した小麦粉だよw

  5. 匿名

    名前にパンチありすぎるだろw

  6. 匿名

    食べてみたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA